受付係の服装はどんな?千葉の葬儀で受付を頼まれましたが?

葬儀における受付係の服装・髪型は、男女とも慎み深く清楚であること。

とくに千葉独特のルールはありません。

ただし学生の場合は通学用の千葉の制服でも構いません。

●男女、葬儀での基本的な服装。

受付をする際の服装は、男性・女性、学生の場合で違ってきます。

男性の場合は上下黒のスーツで下は白いワイシャツ、ネクタイや靴下・靴は黒を着用します。

靴は黒で、通勤などに使っているはき慣れたものであればそれがベスト。

柄模様があしらわれていたり、エナメルや光る飾りが付いていたりするものは不可です。

髪型は慎みのあるスタイルに整髪し直し、茶髪や脱色・メッシュなどは控えるべきです。

●女性の場合の服装と身だしなみ。

女性の場合、基本的には慎みのある髪型と服装が基本です。

黒のワンピース、または黒のスーツを着用し、襟元など露出が多い服装は避けましょう。

ストッキングは肌色の濃いもの、または黒色です。

編み目の入ったもの、メッシュ系のものは適しません。

靴やバッグも黒で統一します。

靴は普段使いのもので、派手なエナメルやピカピカした飾りのあるものでなければOKです。

男女とも会場を動き回る仕事なので、靴を新調したりヒール高いものであったりすると疲れます。

●お化粧も髪型・髪色・服装も慎み深くあるべき。

ノーイメイクである必要はありませんが、全体に薄化粧でまとめましょう。

葬儀という場所であり、なおかつ遺族を代表する受付係ですから、派手な口紅や髪型は避けるべきです。

靴は黒でキレイに磨いたものであれば普段使いの靴のほうが疲れません。

中学生や高校生が受付を手伝う場合は、千葉の通学用の制服でも問題ありません。

紺、黒、グレーのブレザーと白いシャツでも大丈夫です。

Posted by 2019年1月20日 Category: 気になる葬儀での服装