千葉の叔父の葬儀で頼まれた受付係。ソレって大変ですか?

葬儀は参列のみの場合と、受付係などを担当する場合の負荷とでは、その重さが比較にならないほどです。

昔に比べて現代の葬儀は多種多様となっていますが、それでも香典のやり取りは変わらずにおこなわれていることが多いです。

◇参考までに⇒博全社の葬儀プラン

混乱やトラブルを防ぐため、身内スタッフは十分な数を揃えましょう。

●心身ともに大変な負荷がかかる受付の係。

葬儀の受付については、“大変なこと”が2つの側面であります。

これは千葉に限ったことではありませんが、今後の参考としてもらえればと思います。

1つは、「葬儀の受付は親族の代表としての立ち居振る舞いが求められる」という点です。

単に葬儀に列席するのとは事情が異なるので、精神的な負担がかなりあります。

2つめは、「会葬者からいただいた香典の会計について」です。

誰からいくらいただいたかを、間違いなく記録する必要があります。

●意外と知られていない細々とした気づかい。

葬儀での受付は、弔問者・参列者をお迎えして香典を預かり、芳名帳に記帳してもらうというのが一連の流れですが、実際にはそれだけではなく、いろいろとやるべきことがあります。

たとえば会葬者をスムーズに誘導するための動線を把握しておくこおと。

案内係との連繋を確認しておいたり、葬儀全体のスタッフの名前や役割分担を覚えておく必要もあります。

芳名帳用の筆記用具や筆ペン、ボールペン、サインペンなども余分に用意しておきましょう。

●受付係と会計係は、ともに負担が大きくなるので複数名で受けもち、役割分担するほうが賢明です。

葬儀の間、受付係は一瞬でもその場を離れることはできません。

受付係のいない時間をつくらないようにして常駐します。

千葉でも、受付係の留守中に香典泥棒にあった件数がかなりあります。

係は多すぎると思えるほどの態勢で臨みましょう。